喋るだけの青春

昨夜、終電に間に合わなくなった、


ギターケースを背負って、体の前にデイパック、右肩にでっかいエフェクターケースぶら下げた、
"the ミーミーズ"のギタリスト、元"モンビジ"のギタリスト、実は、ボクが彼の年齢だった頃に担任していた、


ボクの薫陶を受けたおかげで、身を持ち崩すことになった生徒そのイチ、オーウラくん、


お泊まりで、


相方さま、早朝からお出かけなので、午前中ぼんやりぼっさり。


近場に、「大阪王将」ができたっつーので、ぶらぶらっとふたりでランチ。


でしたが、


店舗によって違いはあるのですけれど、
「ふわふわ天津チャーハン」、餡がぬるいんだよ。あつあつにしておくれよ。
質的にもお値段的にも、中央環状沿いの「京都王将」に、ボクは軍配を挙げるのでありました。


もう行かぬ(笑)


それはともかく、



8巻で潔く完結した、漫画『セトウツミ』


今の職場と職場最寄りの公園がモデルになっていなければ、
映画化するに当たって、今の職場でロケをしていなければ、


読むことなかったかも知れんのですが、


ウチのガッコに、


瀬戸のようなヤツも、ましてや、内海のようなヤツも、いないのではありますが、


ロケのお礼に、招待券貰って映画を鑑賞しに行ったウチの校長は、
「ま、ウチでロケしてなかったら、なんてことない映画……」などようのこと言うていたそうですが、
原作の漫画もまともに読んでない節がありますが、


ボクは、映画の方は未見なのですが、
漫画の方は、なかなか良くできた斬新な作品なのでありました。


完結編の8巻、怒濤のエンディング。


ここまでに周到に張っていた(と言っても、7巻に差し掛かる辺りからでしょうけれど)伏線を、


これでもかと集約収斂。


読了して、しばし茫然。ちょっと途方に暮れたのでありました。


もっかい、最初から、読も……。