初見参

汚染水問題そっちのけで再稼働に邁進する原子力ムラの茶番


とか、


安全管理能力体制機能がことごとく失われている鉄道会社


とか、


国歌斉唱口パクチェック


とか、


場当たり的、現場にただ押し付ける的、入試採点方法変更


とか、


あちらでもこちらでも、
くだらなくて情けないことだらけなのですが、


そういうことどもを、別に嘆いてもなさそうな人たちが多そうなこともまた、
実にくだらなくて情けないので、ゲンナリしている今日この頃ではありますが、


週末の夜、久々のライブ。お初のハコは、"塚本エレバティ"
なぜゆえ"elevate"が"エレバティ"なのかわからない"エレバティ"、聞くのを忘れた"エレバティ"


お初でしたが、スタッフさんも既知の方々、共演者お一方を除いてみな顔見知り。弾き語りの中で、ウチだけふたりでやって参った。
弾き語りとは申せ、各人各様、それぞれの個性持ち味異なるわけで、退屈とは無縁なのでありました。


のですが、


今宵も反原発ソングを連発する「すうじぃ」が、「無駄打ち」の歌を歌ってしまうくらいに、閑古鳥が飛んでおりました。


のですけんども、


「すうじぃ」自らが歌っておったように、
「ライブ」に無駄打ちあるのなら、「生きてること」そのものも無駄かもしらん。
「生きてること」が「無駄」でないなら、この世に「無駄」なものなど何もない。


お初の"エレバティ"、佇まい、設え、空気感、時に聞こえる電車の音……、
実に心地のよいハコでございました。


また、よろしくお願い致しますであります。


でもって、聴いてくださったお客さんから、「ツボでした」という言葉を頂けましたし、
楽しい夜でございました。


「ライブ」に「無駄打ち」などありゃせんのです。


あ、


いや、


たまに、


あるかも……(爆)。