威張るな

本日ただ今、それそういうことに出くわしたというわけではないのですけれど、


改めて、つくづく思うのは、


自身と接する、関係している人たちに対して、
手前勝手な判断で上下関係を定めて、相手に応じて、己の振る舞い言動を変える人、


自身より立場が下であると、手前勝手に断じた人たちに対して、横柄に、偉そうに振る舞う人、
自身より立場が上であると、手前勝手に断じた人たちに対しては、阿諛追従に躍起になる人、


誰かのために、何かのために生きるのではなく、ただ己と、己の周辺のためだけに生きている人、


というの、


人間として、最低の、屑だと思うのです。


屑が跋扈している世の中ですが、屑を支持したがる人々が多い世の中ですが、屑をたくさん目にしてきましたが、


音楽関係、バンド関係で知り合った人たちには、真っ当な人たちが、まだたくさんいることをボクは知っております。


真っ当な人たちの力が、


世の中を変えてゆけるということに、


期待したいと思う、夜。


でも、ま、音楽関係者の中にも、肥大しすぎた自己顕示欲の虜になっているように思われる人もいないではないですが、
ボクの目に映るそれが、誰なのかは、敢えて口には致しませんが……。


外は、雨。