くたばるにはまだ早い

とはいうものの、


ウッベ抱えて東京でスタジオ・リハ、取って返して、"夜の水たまり"企画ライブ、


で、その翌日、"タイマズ"。


という強行軍が流石に堪えたのでありましょう。 相方、爆沈。8度7分。


バンドマン、カラダが資本なのに、オレと入れ替わり立ち替わり倒れているというおそまつ……。


今週末は、"モンビジ"ギグが待っている。それまでには、相方も復活致すでありましょう。


12月 4日(金) NAMBA Mele 「Keep Lookin'」
ゆらぎあし/ the ミーミーズ / ザ・プレジデンツ / 石の拳 / The Monkey Business Extra Light
※モンビジの出番はトリ、21:40頃の予定
OPEN 18:30 / START 19:00  AD ¥1,500 DOOR ¥1,800 (+1drink ¥500)


くたばるにはまだ早い。やりますぞい!


なのですが、ニンゲン、やはり、100の壁はなかなかに厚いようで、


93歳でお亡くなりになった水木しげる氏を悼む声が、洪水のように流れるSNS。


他でもないオイラも、水木氏の漫画に傾倒したことございました。


時代の流れに翻弄され、ニューギニア戦線に送られ、片腕を失っても、旺盛な創作意欲衰えず、


戦争や、それを引き起こすニンゲンの愚かさを見据えながら、それでもニンゲンを愛し、弱者、マイノリティーへの眼差しを失わなかった氏を、


リスペクト致しております。


が、


氏の逝去にあたって、その死を悼む声の大きさに比して、


氏をリスペクトするようなこと言うのであれば、氏の従軍体験を描いた作品の数々も読んでいると思うのですが、


それでありながら、


従軍慰安婦」は捏造である、この国を貶めようとする者どもの陰謀である。


などようのこと公言して憚らない者たちが、水木氏の死を悼み、リスペクトするようなこと言っている者どもの中にいるならば、


オレは、そういう者どもを、許しません。


他でもない、そういう連中が、この世界をくだらないものにしているのですから……。


く・た・ば・り・や・が・れ


オレは、まだくたばりません。