絶対に平等なもの

先日、B.B.キングさんが亡くなったという報がありましたが、


遺族が毒殺を疑っているとかどうとかいう続報……。


多額の遺産相続もろもろが絡むと、ややこしいこと多いんだろね。


で、自身が彼岸に行く時のこと、まだ考えたりはしないのですけれど、


「まだ」と言いつつ、ずーっと考えたりしないのでしょうけれど(笑)


例えば、


銀行の口座であるとか、クレジットカードであるとか、引き落としで支払ってるもろもろであるとか、
様々登録して利用しているネット関係のアカウントであるとか、
「必要なこと」は、相方に伝えておかなきゃダメだよな。と、思ったりしたのですけれど、


伝えなきゃならんことというの、「金」に関することを除いては、実はなぁ〜んにもないわけで、


携帯電話やネット回線の契約を切ってもらったり、名義を替えてもらわなきゃ。それには……、などようのこと、一瞬考えかけたのですが、


「金」の在処さえ、その扱い方さえ知っといてもらえば、そいつを引き出して凍結しちまえば、
自動的に引き落とされる月々の支払いもいきおいできなくなるわけで、請求来たところで、当の本人はすでにこの世の者ではないわけで、


ネット上のアカウントもろもろなんてのは、そのまんま放置していても、それを誰かが乗っ取って利用したところで、
もはやこの世にいないアタクシは痛くも痒くもないわけですから、


「面倒だなぁ……」と、一瞬思った割には、「遺産」と呼べるほどのご大層な何かが残るとも思えませず、
事が起こるその前に、特に何かしておかねばならぬこともないわけで、


気楽なもんです。


自身の死後のために「墓石」用意したりする人も、この世の中にはいるそーでげすが、


アタクシには「墓」など必要ありませんので、ぜんぶ灰になるまで焼いちゃってくれて構いませんですので、
相方よりボクが先で、骨のカケラなど、ちょこっと残しておきたければ、傍に置いといてくれたらそれで構いませんですので、


気楽なもんです。


どんなヤツだって、彼岸に荷物を抱えて行くことはできないのであります。


死に方はともかく、


死ぬ時だけ、間違いなく人は平等なのです。


うん。