10年長いか短いか

一晩に、お互いあずかり知ることのない数バンドが出演する


ライブハウスという場所で、


「汚いお金の話」をするならば、チケットノルマというもの抱えながら、他人様の前で、演奏を始めたのが2004年。


それから10年の間に、


集客ということでは、心許ないことに昔とさほど変わりはないのですけれど、


これこれこの日に、ウチで演奏しませんか? と、言ってくださるハコもあるようになって、


始めた頃には、


「何、この人たち、なんでプロじゃないの?」


と、思っていたような方々とも絡んで頂けるようになって、


イベントに呼んで頂いたり、こちらでイベントやらかしたり、


で、バンド時代から数えて10年目に、


ワンマンライブなんちゅーの、やらかすことと相成りました。


出演者、ウチしかおりません。


当然、来てくださるお客さまは、ウチをお目当てに来てくださるわけで、


どこのどなたがどれだけ、どんな思いで足を運んでくださるのかはわかりませんが、


最初で最後になるかも知れない。と、言いつつ、今後、調子こいて何度もやらかすことになるかも知れない(爆)、


初のワンマンに向けて、最後の練習。


前日にやらかすと、下手にあれこれ迷うことになるといけないので、当日に疲れが残るといけないので(笑)、最後の練習。


カッコつけて「リハ」とか言わない、最後の練習、


それなりにいー感じで、終えて来ました。


気心知れた方々のハコですので、


いつものよーに、いつもの長さの3倍ほど、肩の力抜いて、ゆるーっと、


やらかそうと、聴いて頂こうと、思っております。


"The Monkey Business Extra Light"というユニットが、


どれほどのものなのか、その目と耳で確かめに来てやってくださいまし。



どーぞ、よろしく。