7月アタマ、ちょっと特別

他教科のセンセから、


「今頃の時候の挨拶って、どんなのがあるんでしょ?」


と、尋ねられたのですけれど、


旧暦と新暦の違いもございますし、国語教師ではありますれど、


当たり障りのないことを書くというジャンル・カテゴリーは我が方が最も不得手とするトコロですゆえ(笑)、


即答致しかねたのですけれど、


アタクシでしたら、


  政府内閣が69年の長きに渡るこの国の平和を正式な手続きも踏まずに蹂躙致した今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?


という、些か長い時候の挨拶にすると思うのですが、


そんな、The Monkey Business Extra Light=モンビジ、7月アタマもライブあります。


7月 5日(土) NAMBA Mele 「Wooly Bully!!」
【共演】DiXONS / The Ladybugs / ナオミ&チャイナタウンズ / BAIT ONES / The Mantis
DJ : antibilly
※ Extra Lightの出演は2番手。18:40頃の予定。
OPEN 17:30 / START 18:00  AD ¥2,000 / DOOR ¥2,300 (+1drink¥500)


なんだか、しばらくご無沙汰の「Mele」、ほぼ半年ぶりの「Mele」、
ステージ後方の壁に掲げられた、花くまゆうさく氏の手によるポップなMele横断幕は、モンビジには似合わない。という説もございますし、


ぶっちゃけ、


一夜に6バンド&ユニットをぶち込むというのは、来てくださるお客さまに、開演から終演までぜんぶ聴いてね楽しんでね。
というの、酷だと思われますし、出演者は出演者でくたびれますし、
そうなると、アタマから参戦して、早い出番の出演者をも観てやろう聴いてやろうという方もなかなかおりませんですよね……。
と、思いますのですが、当夜、面白そうなメンツが揃っております。
"The Ladubugs"がウチのあとに控えておりますし、トリは、我々モンビジも参画致しているところの「夜たま」リーダー、69くんを擁する"The Mantis"であります。


アコースティックな我々ですが、「Mele」におきましては、他のハコを凌駕する「爆音」でやらかせるという特典がございます。


さらにぶっちゃけ、汚いお金の話を致しますと(笑)、


他のバンドユニットさんはいざ知らず、我が方は結構なノルマを抱えてやっとりますので、こぞって、我が方で入場致してやってくださいませ(爆)。


そして、


7月 9日(水) 京都 拾得
石の拳 / The Monkey Business Extra Light
※ Extra Lightの出演は1番手。19:00頃の予定。
OPEN 17:30 / START 19:00  ¥1,000


ど平日の夜ではございますが、お初の「拾得」、念願の「拾得」(「じっとく」ですから、「じゅっとく」でも「しゅうとく」でもありませんから)。
先に書いた5日「Mele」のトリ、カマキリ4兄弟"The Mantis"の長男ベーシストTany氏にお誘い頂き、
林さんの歌とスライドギターが炸裂するブルースバンド、"石の拳"とのツーマン。
エルモアの魂が降臨致すと思われるその前に、モンビジ、いつもよりちょいと長めにやらかさせて頂きます。


今のモンビジのすべてを出し切ってやるべ。と、思っております。
じゃ、5日にはすべてを出し切らないのか?と、言われると困るのですけんど、ま、そんな感じなのであります(笑)


平日とは申せ、「拾得」は、勤め人に優しいタイムテーブルになっておりますゆえ、


大阪北部、及び、京都方面の方々は、必ずお越し下さいませ。
大阪のミナミの方の方々も、多少の無理をしてでもお越し下さいませ。


なにとぞよろしく。