小器晩成

カケラほどしかない「才能」と、「努力」を厭う怠惰の中で、


真面目にそれに向き合う時間もそこそこに、


音楽ちゅのやっているアタクシ。


遅蒔きに、他人様の前で、己の音を聴かせること始めたアタクシ。


メンバー欠けたから仕方なく、


と、周囲も思っていたようだし、アタクシ自身も最初はそう思うこともなかったではない今の形、


なのだけれど、


やりたいことは、これだったんだな。


と、思うようになっている。


ちょっと遠回りだったかも知れないけれど、


悲しいかな、残された時間も潤沢にあるわけではなさそうなので(爆)、


やれなくなるまで、


やるわ。やるよ。やるぜ!


と、ちょっとした自分に対する、


宣言。


でした(笑)