わたしはわたしはあ〜な〜た〜か〜ら〜

ちゅこって、


あなたから旅立つわけではございませんが、
あなたの知らない人とふたりでもございませんが、
いつかあなたと行くはずだった春まだ浅い信濃路でもございませんが、
だいたい、「あなた」って誰? なのでございますが、
8時ちょうどの「あずさ2号」でもございませず、何の因果か早朝5時過ぎの始発に乗らなきゃならんのでございますが、


明日から数日、


た〜び〜だ〜ち〜ます〜ぅ♪


それを、生徒という肩書きを持つ者たちの大半は、
"いやっほ〜!"という感じで、楽しみにしているようなのでありますが、


数ヶ月間、海外にでも行きますのですかアナタは?
とゆーよーな、バカでかいサムソナイト転がしてやってくる連中が多そうなのでありますが、


プライベートならいざ知らず、仕事で付き添うアタクシ、
プライベートでも、家を空けたこと、ここ十年近くないアタクシ、
ツアーなら言ってみたいけどよ〜!なアタクシ、


"めんどいほ〜!"


このご時世に、修学旅行なんてやる必要あるのかほ〜!
旅行ぐらい、仲の良い友人同士で、自分らで計画して勝手に行けばい〜ほ〜!


なので、


ついさっきまで、なぁ〜んの準備もしておりませなんだのですが、
着替えくらいはバッグに詰め込まにゃなりませんので、


ボロボロのTシャツやら色褪せた短パン、テキトーに見繕って放り込んだ。
デイパックひとつで行ってやろうと思ったが、流石に無理みたいなので、くたくたのスポーツバッグに放り込んだ。


ま、どーせ行くからには、


イリオモテヤマネコのアタマを撫でてきてやろ〜!


土地の人でも、出会ったことない人の方が多いそーなんですけどさ……。


うくく。