Hear my song !

かつては、


名だたるミュージシャンの演奏しか聴きに行かなかったオレ、


自身が人前で演奏するようになっていなければ、ライブハウスが、足繁く通う場所にはなっていなかったであろうこと思うと、いささか複雑なのではありますが、


すでにして、


ライブハウスというのは、己が演奏するだけでなく、聴きに行く場所、遊びに行く場所、なくてはならん場所になっているわけで、


今夜もまたぞろ"Mele"に突撃。


親しいバンドマン、知っているバンドマン、初めて耳にするバンドマンこき混ぜてロケンロー♪


己が人前で演奏する側のニンゲンなので、どうしても他人様の演奏、あーじゃこーじゃと批評批判感服感激しながら見ること聴くことになってしまうのではありますが、


純粋に、客として、楽しい夜だった。


で、楽しい中にあって、


お客さんに金払って来てもらって演奏聴いてもらう以上、


演る側は、


己のやってることに揺るぎない自信を持って、ステージに立つことが肝要ですな。


と、思った。


ない自信でも、あるように振る舞わなきゃいかんのよなと思った。
「つまらないもんですけど、どーぞ」などいう態度じゃダメだと思った。


ちゅこって、


また一歩、


野望に近づいた(笑)