原点回帰

最近のガキんちょは、いきなりエレキだったりするよーだが、


オイラの世代、ギター始める時は決まって、


アコギだった。


中にはガットギターのヤツもいたよーだが、大抵はフォークギター。
最初のギターは、近所の質屋のショーケースにぶら下がってた3000円也。
半年ほどで、ネックの付け根部分でボディの背板が剥がれてお釈迦になった。


で、


なんだかんだで、


アコギに戻ってきた。


で、


ここんとこのスタジオ、PU経由せず、マイクのみであれこれ試行錯誤。


電気的処理、薄くすればするほど、
ピッキングやカッティングのニュアンスが前面に押し出されてくるわけで、


演奏する側の、身体性や精神性がより露わになる。


簡単に言えば、「粗が目立つ」。「誤魔化しが効かない」。
要するに、ヘタクソがばれる。


「生音」で勝負できるよう、原点に戻って修行中。なり。